● 五行九星法について


「五行九星法」については、運命鑑定 でもご紹介しましたが、ここでは少し詳しくご紹介していきます。


「五行九星法」では、森羅万象に存在する”気”(エネルギー)の流れを解き明かします。解き明かすことで「逃れられる災難」や「つかみ取る幸運」を事前に知ることができます。

森羅万象に存在する”気”には、「木・火・金・水・土」の五つが存在しています。
五つの”気”は、それぞれ異なるエネルギーがあり、お互いに作用しあって自然の万物を創造してきました。当然の事ですが、人間も森羅万象から創造された一部でしかありません。

”気”の流れは止まることなく動き続けていますので、良い気もあれば、悪い気も流れてきます。
この「良い気・悪い気」を読み取り役立てる占術が九星気学、すなわち「五行九星法」です。


さて、「五行九星法」をもっと知って頂きたいため、「五行九星法」を分解してご説明していきます。

読んで字のごとく、五つの行と九つの星で鑑定するので、「五行九星法」と言います。
では、”五行とは?” ”九つの星とは?”・・・何かという事になります。

下記に「五行とは」「九星とは」で詳しくご説明していますが、まず、「五行九星法」そのものについてです。

「五行九星法」では生まれた年により下記の表のように”九つ星”と”五つの行”に分けられます。
まずは、ご自分の生まれ年を探して「五行と九星」を覚えてください。

注意して頂きたいのは、生まれ年は西暦では1月1日から12月31日みますが、
「五行九星法」では、2月3日節分が西暦でいう大晦日に当たり、元日は2月4日立春に当たります。
例:昭和19年2月3日生まれの人は、”二黒土星”ではなく、前の年生まれの”三壁木星”に当たります。

九 星

誕生年

五行

■ 一白水星
(いっぱくすいせい)

・昭和11年 ・昭和20年 ・昭和29年 ・昭和38年 
・昭和47年 ・昭和56年 ・平成2年 ・平成11年

■ 二黒土星
(じこくどせい)

・昭和19年 ・昭和28年 ・昭和37年 ・昭和46年 
・昭和55年 ・平成元年  ・平成10年 ・平成19年

■ 三壁木星
(さんぺきもくせい)

・昭和18年 ・昭和27年 ・昭和36年 ・昭和45年 
・昭和54年 ・昭和63年 ・平成9年  ・平成18年

■ 四緑木星
(しろくもくせい)

・昭和17年 ・昭和26年 ・昭和35年 ・昭和44年 
・昭和53年 ・昭和62年 ・平成8年  ・平成17年

■ 五黄土星
(ごおうどせい)

・昭和16年 ・昭和25年 ・昭和34年 ・昭和43年 
・昭和52年 ・昭和61年 ・平成7年  ・平成16年

■ 六白金星
(ろくぱくきんせい)

・昭和15年 ・昭和24年 ・昭和33年 ・昭和42年 
・昭和51年 ・昭和60年 ・平成6年  ・平成15年

■ 七赤金星
(しちせききんせい)

・昭和14年 ・昭和23年 ・昭和32年 ・昭和41年 
・昭和50年 ・昭和59年 ・平成5年  ・平成14年

■ 八白土星
(はっぱくどせい)

・昭和13年 ・昭和22年 ・昭和31年 ・昭和40年 
・昭和49年 ・昭和58年 ・平成4年  ・平成13年

■ 九紫火星
(きゅうしかせい)

・昭和12年 ・昭和21年 ・昭和30年 ・昭和39年 
・昭和48年 ・昭和57年 ・平成3年  ・平成12年

※星周りは、9年ごとに繰り返されますので、上記表以外の場合は、表を参考に生まれ星を見つけてください。例えば、昭和10年生まれの方は(昭和10年+9年=昭和19年)で、二黒土星になります。


鑑定師 ”丸山 聖人”への連絡先はこちら

back top △



鑑定風景

ヤフー占いサイト売り上げ1位獲得
■楽天 Google 占いサイトに掲載されました!

■ 掲載サイト
・LINE占い
≪お悩み相談所≫
・docomo占い
≪ポータルサイトsp専用サイト≫
LaTeresa
≪電話&メール占いのラテレサ≫

■お礼のお手紙
☆ 土地鑑定へのお礼
☆ 家相鑑定へのお礼
☆ 敷地鑑定へのお礼
■占い鑑定実例
☆ 就職実例
☆ 仕事・事業実例
☆ 恋愛・不倫実例
☆ 結婚・離婚・縁談実例
☆ 姓名判断実例
☆ 家相実例

■出張鑑定

※出張鑑定内容を記載(例)
・お忙しい方
・どうしても鑑定所まで来れない方
・内密に鑑定していただきたい方
・遠距離の方
等ありましたら、ご相談ください。
時間が許す限り、ご依頼にお応えします。
>>連絡はこちらから