● 九星とは


「九星」とは、そもそも「九星気学」といわれるものです。
生れた年月日の九星と干支(えと)、五行を組合わせた鑑定術を言います。

「九星」と十二支は年・月・日・時のそれぞれにありますが、生まれ年によって定まる九星を”本命星”、生まれ月によって定まる九星を”月命星”といいます。

また、「九星」は決まった法則で各方位を巡回していきます。
この「九星」の循環は、180年を一つの周期としています。
180年の最初の干支は”甲子”で、干支の周期である60年を一つのくくりとして、上元、中元、下元に分けられています。

上元の”甲子”年を一白として、九紫、八白と星についている数字が減るように循環させて行きます。

余談ですが、高校野球の聖地「甲子園」は、「九星」の循環の最初の干支である”甲子”の年に造られたので、「甲子園」と名付けられました。


九星と方位

定位盤「九星気学」には、定位盤というものがあります。
(右図参考)

右図の場合、中央に”八白”とありますが、この中央の部分を”中宮”と言います。

この図では、”中宮”は「八白土星」生まれの人を指します。
”中宮”の”八白”の周りを、残りの四緑や二黒などの”星”が周りの八つの方位を囲んでいますので、「八白土星」生まれの人は、この年は”八方塞がり”といいます。

中宮に”五黄”が入ると、全ての星は自分の方位に入るため、この年だけは八方塞がりはありません。
因みに2013年は”中宮”に”五黄”が入る年ですので、全ての人に八方塞がりはありません。

また、定位盤は毎年変わっていきますが、年周りだけではなく、月・日周りにも用います。

この定位盤を用いて「九星気学」では、定位盤を各方位に対応させ、本命星の相性により吉凶を判断していきますが、方位によっては下記のような凶方位があります。
 ・暗剣殺(あんけんさつ) : その年の五黄土星のある方位の反対側の方位
 ・五黄殺(ごおうさつ) : その年の五黄土星のある方位
 ・本命殺(ほんめいさつ)  : その年にその人の本命星のある方位
 ・本命的殺(ほんめいてきさつ) : その年にその人の本命星のある方位の反対側の方位
 ・歳破(さいは) : その年の十二支の反対側の方位
などがあります。

鑑定師 ”丸山 聖人”への連絡先はこちら

back top △



鑑定風景

ヤフー占いサイト売り上げ1位獲得
■楽天 Google 占いサイトに掲載されました!

■ 掲載サイト
・LINE占い
≪お悩み相談所≫
・docomo占い
≪ポータルサイトsp専用サイト≫
LaTeresa
≪電話&メール占いのラテレサ≫

■お礼のお手紙
☆ 土地鑑定へのお礼
☆ 家相鑑定へのお礼
☆ 敷地鑑定へのお礼
■占い鑑定実例
☆ 就職実例
☆ 仕事・事業実例
☆ 恋愛・不倫実例
☆ 結婚・離婚・縁談実例
☆ 姓名判断実例
☆ 家相実例

■出張鑑定

※出張鑑定内容を記載(例)
・お忙しい方
・どうしても鑑定所まで来れない方
・内密に鑑定していただきたい方
・遠距離の方
等ありましたら、ご相談ください。
時間が許す限り、ご依頼にお応えします。
>>連絡はこちらから