● 五行とは


「五行」とは、そもそも古代中国の”五行思想”からきているものとされています。
”五行思想”には、自然哲学の思想があり、全ての物は ”木・火・土・金・水” の5つの元素からなるという考え方です。

また、この考え方は、5つの元素は「互いに影響を与え合い、その生滅盛衰によって天地万物が変化し、循環する」という考えが根底に存在しています。

下の表の右に五行を表示していますが、これらが九つの星それぞれが持つ5つの元素に当たり、またそれぞれの季節をも表しています。

性質

季節

木行

・樹木の成長・発育する様子を表す。

火行

・火のような灼熱の性質を表す。

金行

・金属のように冷徹・堅固・確実な性質を表す。

水行

・胎内と霊性を兼ね備える性質を表す。

土行

・万物を育成・保護する性質を表す

土用
例:土用の丑の日


「五行」では生まれた星によって”行”が決められ、それによって性質が決められています。
更に、それぞれの”行”の関係によっても「相生」「相剋」などがあります。


”五行”の関係

五行の関係には、
 ・相生の関係 : 順送りに相手を生み出して行く、陽の関係
 ・相剋の関係 : 相手を打ち滅ぼして行く、陰の関係
 ・比和の関係 : 同じ気が重なるとその気は盛んになる関係
 ・相乗の関係 : 相剋が度を過ぎて過剰になったもの
 ・相侮の関係 : 相剋の反対で反剋する関係
などがあります。

この図は、「五行」の関係を図式化したもので、相生と相剋の関係を示したものです。

「木は火を生じ、火は土を生じ、土は金を生じ、金は水を生じ、水は木を生ず」という関係を『五行相生』と言います。
 ・木 → 火 : 木は燃えて火を生む
 ・火 → 土 : 物が燃えればあとには灰が残り、灰は土に還る
 ・土 → 金 : 鉱物・金属の多くは土の中にあり、土を掘ることによってその金属を得る
 ・金 → 水 : 金属の表面には凝結により水が生じる
 ・水 → 木 : 木は水によって養われ、水がなければ木は枯れてしまう
図は、”木→火→土→金→水→木” の順に循環する順序を表しています。
5角形の外側に当たりる部分を「相生」と言います。
一般的に「相性が合う」というのは、「相生」の関係に当たります。

逆に、
「水は火を消し、火は金属を溶かし、金属は木を傷つけ、木は土の養分を取り、土は水の流れを塞き止める」という関係を『五行相剋』と言います。
 ・木 → 土 : 木は根を地中に張って土を締め付け、養分を吸い取って土地を痩せさせる
 ・土 → 水 : 土は水を吸い取り、常にあふれようとする水を堤防や土塁等でせき止める
 ・水 → 火 : 水は火を消し止める
 ・火 → 金 : 火は金属を熔かす
 ・金 → 木 : 金属製の斧や鋸は木を傷つけ、切り倒す
上記の関係を「相剋」と言います。相性が合わない関係になります。

ここでは、[五行]による”相生と相剋”をご紹介していますが、十二支の”相生と相剋”もあります。
十二支の”相生と相剋”に関して、詳しくはコラム「十二支の相生と相剋」をご覧ください。

鑑定師 ”丸山 聖人”への連絡先はこちら

back top △



鑑定風景

ヤフー占いサイト売り上げ1位獲得
■楽天 Google 占いサイトに掲載されました!

■ 掲載サイト
・LINE占い
≪お悩み相談所≫
・docomo占い
≪ポータルサイトsp専用サイト≫
LaTeresa
≪電話&メール占いのラテレサ≫

■お礼のお手紙
☆ 土地鑑定へのお礼
☆ 家相鑑定へのお礼
☆ 敷地鑑定へのお礼
■占い鑑定実例
☆ 就職実例
☆ 仕事・事業実例
☆ 恋愛・不倫実例
☆ 結婚・離婚・縁談実例
☆ 姓名判断実例
☆ 家相実例

■出張鑑定

※出張鑑定内容を記載(例)
・お忙しい方
・どうしても鑑定所まで来れない方
・内密に鑑定していただきたい方
・遠距離の方
等ありましたら、ご相談ください。
時間が許す限り、ご依頼にお応えします。
>>連絡はこちらから