● 運命鑑定について

人の運勢は、その人の生まれ持った運勢も、毎年、毎月、毎日。
その年、その月、その日によって微妙に変化していきます。

一般によく言われる”厄年”などの言葉がよくつかわれますが、それはその人が災厄の多いとされている年回りに入ったときのことです。

厄年もあれば当然幸運な年、月というのもあります。
また、それらの中間的な運勢のときもあります。

それらの吉凶の年や月が、自分にとっていつに当たるのか。
そしてどのようなことに気をつけるべきか。
「金運は?」「異性運は?」などを知ることができたら、私たちは、運命を真に活かして使っているといえます。

その運勢を知る鑑定方法の一つとして、「五行九星法」があります。
「五行九星法」を少し知っていただくために、例をあげてご説明します。

「五行九星法」鑑定方法(例)

例:就職に関して
  平成2年5月生まれの方
  平成25年、大卒の就職についての仕事(天職)について。
**************************************************************************
仮に、平成2年生まれの人が、土木関連に仕事に就いたとしますと、就職して5日位で自分に合わないと気付きます。
それは、この人の星が一白水星であり仕事(土)関連ですから、水は下から上には流れないし、(水)の流れを(土)が堰き止めます。
つまり、「相剋の関係」(=大凶)にあります。

この人は、若いうちに人生の基盤を築いておかないと、水は最初は清流で澄んだ水ですが、土で汚され最後はドロドロになります。
一白水星に合う仕事は、金融関係、木材関係、水商売などが挙げられます。

例に挙げたように、「五行九星法」で鑑定すると、一白水星生まれの人が天職とする就職は、金融関係・木材関係・水商売となります。

果たしてこれだけの運命だけなのでしょうか?


● 個人レベルで鑑定できる『複合占星術』

■「五行九星法」では鑑定できない個人レベル

上記の例でもお分かりいただけるように、「五行九星法」では、一白水星生まれの全ての人の天職が同じになります。
平成二年生まれに限らず、”一白水星生まれの人”の全員が同じような職業が天職になってしまします。これは非現実的な鑑定方法と言わざる負えません。

これでは、鑑定士としての信用を失うばかりではなく、鑑定士本来の依頼者の悩み苦しみを取り除き、”明るい未来へと導く”という責務さえも果たせないと思い、『複合占星術』を身を呈して40年の歳月を費やし築き上げました。

■個人レベルで鑑定する『複合占星術』

『複合占星術』では、「五行九星法」に「十二星法」を加えることで、漠然とした鑑定方法からより深く個人レベルの鑑定方法ができるようになります。
即ち、”その人その人にあった鑑定” をすることが可能だということです。

その為、全体運を占う”全体運”はもとより、
 ・仕事運
 ・恋愛運
 ・相性運
 ・金銭運
など、人生で起こる数々の悩みに、個人レベルで鑑定することができます。

『複合占星術』は、確率の鑑定方法ではありません。
あなたに訪れる ”確実な鑑定方法” です。

鑑定師 ”丸山 聖人”への連絡先はこちら

back top △



鑑定風景

ヤフー占いサイト売り上げ1位獲得
■楽天 Google 占いサイトに掲載されました!

■ 掲載サイト
・LINE占い
≪お悩み相談所≫
・docomo占い
≪ポータルサイトsp専用サイト≫
LaTeresa
≪電話&メール占いのラテレサ≫

■お礼のお手紙
☆ 土地鑑定へのお礼
☆ 家相鑑定へのお礼
☆ 敷地鑑定へのお礼
■占い鑑定実例
☆ 就職実例
☆ 仕事・事業実例
☆ 恋愛・不倫実例
☆ 結婚・離婚・縁談実例
☆ 姓名判断実例
☆ 家相実例

■出張鑑定

※出張鑑定内容を記載(例)
・お忙しい方
・どうしても鑑定所まで来れない方
・内密に鑑定していただきたい方
・遠距離の方
等ありましたら、ご相談ください。
時間が許す限り、ご依頼にお応えします。
>>連絡はこちらから