● 「姓(かばね)」とは

大化の改新(645年)以前の姓(かばね)とは、古代豪族が家系によって世襲していた職名でした。
それが、やがて家系そのものを指すようになりました。

臣(おみ)・連(むらじ)・君(きみ)・別(わけ)・造(みやつこ)・直(あたい)・首(おひと)・村主(すぐり)などがありました。


< 氏 >

氏とは、代々血族が子孫に伝えていった家系による「家の称号」ですから、変わる事はありません。

古代には、大氏(おおうじ)と呼ばれる本家のもとに小氏(こうじ)が集まり、氏の長(おさ)が一族を統率していました。

統率者は「氏上(うじかみ)」と呼ばれ、その下に「氏人(うじびと)」と血縁集団を造り、職業も世襲していたので、その職名が氏族の称号になりました。

例えば、軍事を司る大伴(おおとも)・物部(もののべ)。職人集団は、土師(はじ)・弓削(ゆげ)などが代表的な氏族です。
戦国時代にかけて、有名な「源(みなもと)」「平(たいら)」「藤原(ふじわら)」「橘(たちばな)」は有名です。


< 苗字 >

苗字とは、現在「小林」・「鈴木」は本来苗字だったものです。
 通称みたいなものでした。

平安時代に栄えた「藤原氏」を例にとると、
・加賀の藤原氏は、加藤
・安芸の藤原氏は、安藤
・近江の藤原氏は、近藤
・伊勢の藤原氏は、伊藤
などのように、土地名と人の名前には深い関係があります。

因みに、あの織田信長のフルネームは、
 「平 朝臣 織田 左衛門尉 信長」(たいら あぞん おだ さえもんのじょう のぶなが)
・平 ・・・ 氏
・朝臣 ・・・ 姓
・織田 ・・・ 苗字
・左衛門尉 ・・・ 官職名
・信長 ・・・ 名
となります。

鑑定師 ”丸山 聖人”への連絡先はこちら



■鑑定コラム

※6月17日のコラム「親の最初の仕事」

親の最初の仕事
2013年6月17日

「結婚して、初めての子供が産まれたら、・・・」
名前の成り立ち
2013年3月12日

「以前の姓(かばね)とは、古代豪族が家系・・・」
十二支の相生と相剋
2013年3月3日

「十二支には、陰陽和合の理というのがあり、お互い・・・」
家相の大切さ:2013年2月13日
「37度前後の高熱が続き、夕方から体がだるくなり・・・」
ぼくの友人:2013年2月9日
「ぼくの友人の中に、生年月日が同じ人が3人いました。」
男女の相生:2013年2月4日
「世の中、よくある話ですが、男と女がこの世にいる限り・・・」
鑑定師になった訳
2013年2月4日
「同じ名前、顔も声もそっくり、職業も一緒の人が事故死・・・」

■お礼の手紙
☆ 土地鑑定へのお礼
☆ 家相鑑定へのお礼
☆ 敷地鑑定へのお礼
■占い鑑定実例
☆ 就職実例
☆ 仕事・事業実例
☆ 恋愛・不倫実例
☆ 結婚・離婚・縁談実例
☆ 姓名判断実例
☆ 家相実例

ヤフー占いサイト売り上げ1位獲得
■楽天 Google 占いサイトに掲載されました!

■ 掲載サイト
・LINE占い
≪お悩み相談所≫
・docomo占い
≪ポータルサイトsp専用サイト≫
LaTeresa
≪電話&メール占いのラテレサ≫


■出張鑑定

※出張鑑定内容を記載(例)
・お忙しい方
・どうしても鑑定所まで来れない方
・内密に鑑定していただきたい方
・遠距離の方
等ありましたら、ご相談ください。
時間が許す限り、ご依頼にお応えします。
>>連絡はこちらから