● 相生と相剋

”十二支”は、もともと季節を表すものです。

十二支は子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥の12種類からなっています。
毎年、その年の干支(えと)があります。因みに、今年2013年は「巳(み)年」にあたります。

今年が、巳年ですので来年は午年となり。12年をかけて、子〜亥を一回りしていきます。
巳年が次に来るのは、12年後の2025年になります。

この十二支には、陰陽和合の理というのがあり、お互い助け合う支(えと)がありそれを基本に吉凶が判断されます。


― 和 合 ―

”和合”には、下記に示す六つの組合せがあります。
 ・子(ね)  ― 丑(うし)
 ・寅(とら) ― 亥(い)
 ・卯(う)  ― 戌(いぬ)
 ・辰(たつ) ― 酉(とり)
 ・巳(み)  ― 申(さる)
 ・午(うま) ― 未(ひつじ)

上記、六つの組合せが”和合”の組合せです。
表の見方として、例えば、
「午(うま)年生まれ ― 未(ひつじ)年生まれ」の人は、親密和合する組合せとなります。


― 三 合 ―

”三合”とは、共通した性質を持つ支(えと)が、その持っている性情にしたがって”和合”し、助け合っていく組合せの事です。
 ・申(さる) ― 子(ね) ― 辰(たつ)
 ・巳(み) ― 酉(とり) ― 丑(うし)
 ・寅(とら) ― 午(うま) ― 戌(いぬ)


― 対 中 ―

”対中”とは、方位上の十二支のことで、正面の支(えと)との関係をいいます。

すなわち、六組の対中する組は、お互いに顔を突き合わせる運命を持っています。
同一の目標に向かって突き進む共同した何かがある。
まったく相反したものを持っている
上下・左右・表裏というように切り離す事が出来ない、密接な関係を持っています。


― 三 刑 ―

”三刑”には、「恃勢(じせい)の刑」・「礼無き刑」・「恩無き刑」があります。

・恃勢の刑
ある支から順に数えて、四番目の支、逆に数えて十番目の支との関係を言います。
「恃勢の刑」の組合せは、
 ・寅(とら) ― 巳(み)
 ・巳(み)  ― 申(さる)
 ・申(さる) ― 寅(とら)

「恃勢の刑」は、自分の勢いをかって衝突します。
恋愛・結婚した場合、家庭不和、最悪の場合は別れることにもなります。

・礼無き刑
礼無き刑関係は、相手を裏切ったり、落とし入れたりする関係です。
 ・丑(うし)  ― 戌(いぬ)
 ・未(ひつじ) ― 丑(うし)

・恩無き刑
勝手気まま、無礼千万、礼儀が全くなく人間関係が全く望めない関係です。
 ・子(ね) ― 卯(う)


鑑定師 ”丸山 聖人”への連絡先はこちら



■鑑定コラム

※6月17日のコラム「親の最初の仕事」

親の最初の仕事
2013年6月17日

「結婚して、初めての子供が産まれたら、・・・」
名前の成り立ち
2013年3月12日

「以前の姓(かばね)とは、古代豪族が家系・・・」
十二支の相生と相剋
2013年3月3日

「十二支には、陰陽和合の理というのがあり、お互い・・・」
家相の大切さ:2013年2月13日
「37度前後の高熱が続き、夕方から体がだるくなり・・・」
ぼくの友人:2013年2月9日
「ぼくの友人の中に、生年月日が同じ人が3人いました。」
男女の相生:2013年2月4日
「世の中、よくある話ですが、男と女がこの世にいる限り・・・」
鑑定師になった訳
2013年2月4日
「同じ名前、顔も声もそっくり、職業も一緒の人が事故死・・・」

■お礼の手紙
☆ 土地鑑定へのお礼
☆ 家相鑑定へのお礼
☆ 敷地鑑定へのお礼
■占い鑑定実例
☆ 就職実例
☆ 仕事・事業実例
☆ 恋愛・不倫実例
☆ 結婚・離婚・縁談実例
☆ 姓名判断実例
☆ 家相実例

ヤフー占いサイト売り上げ1位獲得
■楽天 Google 占いサイトに掲載されました!

■ 掲載サイト
・LINE占い
≪お悩み相談所≫
・docomo占い
≪ポータルサイトsp専用サイト≫
LaTeresa
≪電話&メール占いのラテレサ≫


■出張鑑定

※出張鑑定内容を記載(例)
・お忙しい方
・どうしても鑑定所まで来れない方
・内密に鑑定していただきたい方
・遠距離の方
等ありましたら、ご相談ください。
時間が許す限り、ご依頼にお応えします。
>>連絡はこちらから