● 家相の大切さ!


昭和60年、店舗兼住宅を建設するために、久留米の小森野町に土地を購入しました。

ところが、地鎮際も終わり、建築工事に入った頃から私の体に異変が起こり始めました。

37度前後の高熱が続き、夕方から体がだるくなり力が入らず、とうとう久留米大学病院で検査をしてもらいましたが、原因が分からず、個人病院に入院する事になりました。

1か月が過ぎた頃、建築屋さんが打ち合わせに来られた時、それとなく気になる事を聞いてみました。
「トイレの浄化槽は私が指定した場所に埋めたでしょうもんね?」
と訊ねたところ、

なんと、
「道路側の角地にに埋めました」
との事。

道路側の角地というと、方位は(丑・寅)の方向にになります。

それを聞いた私は、今すぐ”北”の位置の少し横に場所を変えなさいと強く指示し、その日のうちに埋め変えました。

な!な!なんとビックリ!
次の朝の検温で、35度6分の平熱になりました。

私は、つくづく地相・家相って迷信ではないと確信しました。

当時の事は、今での病院のカルテに記載され残っています。

鑑定師 ”丸山 聖人”への連絡先はこちら



■鑑定コラム

※6月17日のコラム「親の最初の仕事」

親の最初の仕事
2013年6月17日

「結婚して、初めての子供が産まれたら、・・・」
名前の成り立ち
2013年3月12日

「以前の姓(かばね)とは、古代豪族が家系・・・」
十二支の相生と相剋
2013年3月3日

「十二支には、陰陽和合の理というのがあり、お互い・・・」
家相の大切さ:2013年2月13日
「37度前後の高熱が続き、夕方から体がだるくなり・・・」
ぼくの友人:2013年2月9日
「ぼくの友人の中に、生年月日が同じ人が3人いました。」
男女の相生:2013年2月4日
「世の中、よくある話ですが、男と女がこの世にいる限り・・・」
鑑定師になった訳
2013年2月4日
「同じ名前、顔も声もそっくり、職業も一緒の人が事故死・・・」

■お礼の手紙
☆ 土地鑑定へのお礼
☆ 家相鑑定へのお礼
☆ 敷地鑑定へのお礼
■占い鑑定実例
☆ 就職実例
☆ 仕事・事業実例
☆ 恋愛・不倫実例
☆ 結婚・離婚・縁談実例
☆ 姓名判断実例
☆ 家相実例

ヤフー占いサイト売り上げ1位獲得
■楽天 Google 占いサイトに掲載されました!

■ 掲載サイト
・LINE占い
≪お悩み相談所≫
・docomo占い
≪ポータルサイトsp専用サイト≫
LaTeresa
≪電話&メール占いのラテレサ≫


■出張鑑定

※出張鑑定内容を記載(例)
・お忙しい方
・どうしても鑑定所まで来れない方
・内密に鑑定していただきたい方
・遠距離の方
等ありましたら、ご相談ください。
時間が許す限り、ご依頼にお応えします。
>>連絡はこちらから